私が家事の中で一番苦手だったことは、たたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業です。タオルや下着、子ども達の衣類、夫婦の衣類とそれぞれが別々のクローゼットに収納されており、しまうという作業を行うだけで住宅内を行ったり来たりして無駄な動きが多かったのです。そのためつい後回しにしてしまいがちでした。

そこでこの家事の不満を解消するためにファミリークローゼットを設けたのです。このファミリークローゼットは、洗面室の横に設け、洗面室とスムーズに行き来ができるように動線を確保しました。洗面室は脱衣室としても利用するため、隣にファミリークローゼットがあることでタオルの補充、入浴の事前準備が効率よく行えます。

また、洗面室では身支度を行います。隣に衣類が管理されていることで着替えまでスムーズに行え、身支度がしやすく、小さい子どもでも自分で服を取り出し着替えをしたり、洗濯物は洗濯カゴへ入れたり自然とこのような習慣が身に付くのです。このファミリークローゼットはかける収納を充実させました。かける収納が充実していることで洗濯物をたたむ作業が軽減されますし、衣類がどこに何があるかが一目で把握できます。服の出し入れもしやすいのです。洗面室からの動線だけでなく、玄関ホールからもこのファミリークローゼットへ行けるように動線を得ています。そうすることで帰宅時はまずこのクローゼットへ向かい、上着をしまい、部屋着に着替え、隣の洗面室で手洗いが行え、後はゆっくりとリビングでくつろぐことができます。

動線のスムーズさも得られ家族みんなにとって利用しやすいファミリークローゼットとなっています。家事をラクにするだけでなく家族みんなが満足できるクローゼットを設けておくといいと思います。