私の両親は還暦を迎え、終の棲家として平屋住宅を希望しています。平屋住宅は老若男女問わず暮らしやすい家と言えます。子ども達が成長して巣立っていくと二階に設けられている子ども部屋は必要なくなりますし、寝室への行き来の動線上に階段を挟むことで動線が長くなるだけでなく、体にかかる負担も大きくなるため平屋住宅を希望する家庭も多いのです。

平屋住宅の魅力の一つは、部屋から部屋への移動がしやすく、動線が短いことです。家族がそれぞれ別々の部屋で過ごしていても互いの気配を身近に感じることで安心できますし、家族の繋がりを実感できます。掃除の際も、掃除機を抱えて階段を上り下りする手間が省けます。住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故です。階段のない平屋住宅はこのような事故のない安心して暮らせる住まいでもあるのです。

また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。階段のない平屋住宅は、階段がないのでその分間取りをコンパクトにすることができますし、収納スペースを増やすこともできるのです。

そして、ワンフロアなので自然とリビングに家族が集まってきやすくもなります。家族のコミュケーションも大事にできますし、小さい子どものいる家庭では子どもの様子に目が届きやすく安心できるでしょう。二階建て住宅では、一階と二階で空気の循環がされづらいこともあります。しかし、平屋住宅は窓を開けると風が家全体に行き渡りやすく風通しの良さを実感できるのです。建物の高さが低い平屋住宅は、二階建てに比べて構造的に強く、台風や地震時にも危険が少なくなります。魅力の多い平屋住宅は人気を高めていきそうですね。