寝室をどのように利用しているでしょうか。ただ寝るだけのスペースとしてしか利用していないという家庭も多いのではないでしょうか。我が家も以前まではそうでした。しかし、新居では寝室で過ごす時間を大切にしたいと思い、一角に夫婦で過ごせる憩いの場を設けました。

子ども達がまだ小さいため寝室で家族みんなで寝ています。子ども達を寝かせつけた後、夫婦で大好きなお酒を楽しめるスペースとして活躍しています。寝室とこのスペースの境には程よい高さの腰壁を設け、個室で過ごしているかのような気分が味わえるようにしながらも、寝室で寝ている子ども達の様子がすぐに把握でき、家族の繋がりを感じられるようにしました。

そして、夫婦の憩いの場は一段高さを設けてスキップフロアにしました。主人の希望でもある畳を敷き詰めたのです。晩酌をしながら夫婦の会話を大事にすることができるだけでなく、主人の趣味である漫画をゴロンと横になって読んだり趣味を楽しめるスペースにもなっています。私はここでお肌のナイトケアを行ったり、趣味のネットショッピングを楽しむこともあります。夫婦の時間や夫婦それぞれの時間を満喫できるスペースを設けたことで寝室で過ごす時間が格段に増えました。

子どもが生まれると自分の時間や夫婦の時間が失われてしまいがちですが、寝室という空間にこのようなスペースを設けたことで、貴重な時間をしっかりと確保しやすく、子どもの気配もしっかりと感じられるため安心できるのです。寝室をただ寝るだけのスペースにしてしまうのではなく、趣味を楽しめたり、寝る前の時間を有意義に過ごせるスペースとして活躍させてみてはいかがでしょうか。