可動間仕切り収納とは、動く仕掛けを装備したクローゼットでありながら、間仕切りの役目を果たしてくれる収納家具のことです。我が家はこの可動間仕切り収納を子ども部屋に取り入れました。子ども達がまだ小さいため個室を必要とせず、広々ワンルームの子ども部屋にしました。そして、将来的にはこのワンルームを可動間仕切り収納を利用して二つの個室に区切るようにしたのです。

幼少期は、個室を必要とせず広々おもちゃを広げて遊んだり、走り回って遊んだりする空間を求めます。この時期は、壁に沿わせるように可動間仕切り収納を設置します。そうすることで広々とした空間が確保でき、思いっきり遊びやすくなるのです。小学校高学年頃になると今までのように兄弟との時間を大事にしながらも、プライベートな空間も欲しくなるものです。この時期は、可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央部分に移動させ、空間を半分区切るのです。そうすることで今までのような空間的繋がりを確保することができながらも、プライベート空間も手に入れることができ自分の時間を持てるようになるのです。

中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とします。その時にはもう半分の可動間仕切り収納を移動させ空間を完全に区切ってしまうのです。いずれは子ども達は巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋を利用しやすくするにも可動間仕切り収納は最適です。再びワンルームに戻してセカンドリビングとして利用させることもできますし、収納部屋と趣味部屋という風に利用させることもできます。子どもの変化に対応できる空間造りをするにはこの可動間仕切り収納は最適です。