最近住宅によく設けられるニッチ。このニッチとは壁の厚みを利用して、壁を凹ませ飾り棚として利用させたり、収納スペースとして利用させることを言います。このニッチが人気を高めている最大の理由は、スペースに影響しないことです。広々とした空間にももちろん設けることができますし、広さに余裕のない場所でも気軽に取り入れることができるのです。

例えばトイレです。トイレは広さに限りのある空間ですが、トイレットペーパーやサニタリー用品、掃除用具などトイレ内に収納しておきたいものが意外と多いです。しかし、広さに限りのある空間にこれらを収納する収納家具を設置するとより狭さを与えたり、圧迫感を与えてしまいがちです。このような場合、このニッチが活躍するのです。出し入れのしやすい位置に壁の厚みを利用して収納スペースを確保するのです。これらが目に触れると生活感を与えてしまうので、ニッチの前には扉を設けて収納している物をしっかりと隠せるようにしておくといいでしょう。

このような収納を設けることで、必要な物が必要な場所にきちんと管理され、加えてスペースに影響しないので狭さや圧迫感を与えることもないのです。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。外壁面は断熱材が入るため設けることができませんし、柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られることもあります。しかし有効に利用できる壁を無駄にせず、飾り棚でインテリアを楽しんだり、収納部族の解消に役立てたいものですね。