子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく家族がすぐ近くにいるリビングです。二階の自室で一人でこもって勉強をするよりもリビングで学習する方が子どもの学力が向上するとも言われています。

そこでリビングやダイニングの一角を利用して子どもが勉強に集中できるスタディーコーナーを設けてあげてはいかがでしょうか。しっかりとスタディーコーナーを設けていないと、食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしなければなりません。食事をするテーブルの上に消しゴムのカスが散らかると衛生的によくありませんし、食事をする度に勉強道具を片付けなくてはいけません。ローテーブルだと身長に合わず姿勢を悪くしたり、勉強への集中力を欠いてしまうのです。

広さに余裕があればスタディーコーナーとリビングの境に程よい高さで区切った壁を設けておくといいでしょう。リビングからの視線が気にならずに勉強への集中力が高まります。また、テレビがついていてもこの腰壁があることで気にならなくもなるのです。この腰壁を利用して壁面収納を設けておけば、本棚やランドセルロッカーとして利用できます。

本や辞書、教材などをリビングから見えない状態で整理でき、リビングに散らかりがちなランドセルもしっかりとここに収納する習慣が身に付きやすくなります。夜でも勉強することもあるので照明の設置や、成長してパソコンやスマホを充電する際に必要なコンセントなど配線計画もしっかり行っておくことも忘れてはいけません。